顔の手入れ

アンチエイジングの効果

表面的なアンチエイジング

女性

年齢を重ねるにつれて、若返りを求めるようになるのはいつの時代も同じですが、昨今はとくにそういった傾向が強くなっており、世の中にはさまざまな若返り方法が登場しています。そういった方法の中でも外見という表面的な若返り方法では、白髪染めやメイク、ヒアルロン酸やボトックス注射などによるシミやしわの改善、リフトアップによるたるみ改善などといった化学的もしくは人工的な方法があります。しかしこのような外見的な方法では、利用するクリニックや医師の技術によっては、施術ミスなどによって副作用や後遺症などに悩まされてしまうケースもあるので、くれぐれも施術前に医師の経歴やクリニックの情報を仕入れ、信用できると判断できるところで実行するようにしましょう。また白髪染めやメイクも、見た目は綺麗になりますが、使用されている成分によっては身体に悪影響を与えるものもあります。知らずにそれらを使用し続けると、アレルギー反応などが出ることもありますし、綺麗にするはずが逆に肌や髪にダメージを与えてしまうこともあります。よって成分表を確認し、できるだけ天然成分を使用している優しいものを選ぶようにしましょう。ちなみに白髪染めやメイクに限らず、シャンプーや洗剤などの日用品にも同じことが言えます。

サーチュイン遺伝子

人類の永遠の夢である不老。この夢を叶えるために研究を重ね、さまざまな技術が生まれて進化し続け、現代ではかなり若返りも実現しつつある状態になってきました。しかしあくまで人工的な技術を施すことで実行しているために、それなりのリスクや負担もあるのが現状です。けれどもそういった負担もなくアンチエイジングを可能とする方法が、ついに発見されました。それが長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子を活性化させるという方法です。これはニコチンアミドモノヌクレオチドを投与することで、サーチュイン遺伝子が活性化されるというマウスの実験データから、ニコチンアミドモノヌクレオチドの薬を使えば、若返りが可能になるというメカニズムです。すでにこの発表から、多くの企業も商品開発に参戦しており、すでにサプリメントなども登場しています。しかしながら今の段階ではまだまだ研究の途中というが現実であり、すでに商品化したものに関しては、確実に効果が実証されているわけではないケースが多いようです。もっとも研究が進んでいるということは事実であり、医学界などでも認められるような完全な薬が開発されれば、今までのアンチエイジングに関する考え方も大きく変動する可能性があります。